女性が嫌いな攻められ方とは?/ふたりで楽しめるセックステクニック

ただ激しく攻めればいいわけじゃない、ただ長く攻めればいいわけじゃない!女性のためと思ってやっていたことが実はアダになっている?女性があまりしてほしくないプレイとその本音を掲載。

ふたりで楽しめるセックステクニック サイトマップ

女性が嫌いな攻められ方とは?

セックステク・女の本音は風俗嬢に聞く!

セックステクニックは一人にしてならず!エッチ・愛撫・接客のプロである風俗嬢・業界人が本音で答える風俗Q&Aサイト、登場。

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

激しい攻め方はあまり好きじゃない

最近ではネットの情報などで「女性は激しい愛撫を好まない」という事実が知れ渡ってきました。AVでセックスとはなんぞやを知る男子も多いと思いますが、あれは男性が視覚的に興奮しやすいように濃厚かつ激しめに作られているものです。

男性器も無敵なわけではありませんが、女性器は特にほとんどが刺激に弱い粘膜。思っているよりもゆっくりと優しく攻めてあげないと、すぐにひりひりと悲鳴を上げてしまいます。激しくされて気持ち良いとしても、長く保たないのです。

実際AV内で膣内を指で攻める手マン、指マンは、出したり入れたりを早く行ってグチョグチョ音がするくらいの勢いでやっています。しかし手マンや指マンの本当の目的は、膣内をほぐすこと。

挿入前の準備という意味合いもありますが、膣内には擦るのではなく「押す」ほうが気持ち良い場所がたくさんあります。Gスポットと呼ばれる場所もその一つです。

女性は嫌いな攻められ方をしても、男性が頑張ってくれていると思ったら多少は耐えたり演技をしてしまいます。できれば大切な人には演技などせず心から感じてもらいたいですよね。下手すぎてもガッカリしますが、痛いよりは全然マシ。

ここでは膣内の話を主にしましたが、キスや胸、乳首やその他への攻めもゆっくりねっとり優しくが鉄則です。

長くてしつこい攻め方は苦手

上の項目で、女性は激しい攻められ方は得意ではなく、ゆっくりが安心するのだと書きました。しかし、それはだらだらと終わりの見えないしつこくて長い攻めが良い、というわけではありません。

女性は挿入よりも愛撫が好きだと言いますが、それは濡れる時間が必要だから。別に頭の中で「濡れるまで愛撫お願いします」と思っているのではなく、いきなり突っ込まれても痛いということが分かっているから、愛撫で気分を盛り上げたい、濡れるような気分になりたいと自然に思っているのです。

ただ、気分が十分盛り上がってきたにも関わらずまだまだ愛撫が続く・・・ようでは、女性は途中で冷めてしまいます。どうしても男性は長く女性を楽しませたい、女性は長時間愛撫すれば喜ぶんだろうと思ってしまうようなのですが、実は適正時間があるのです。

女性を愛撫する体の部位といえば、口、胸、下半身の3つ。耳や首、お腹や腰などはそこにいくまでの過程に少しすればいいと思ってください。キスもそんなに長くしなくても良いでしょうし(女性はディープが苦手な人も多い)、胸への愛撫は長すぎるとイライラされてしまいますし、下半身もほどほどにしておかないと挿入時に痛みが走る結果になってしまいます。

短すぎても愛情を感じることができませんが、長すぎても萎えてしまう。女性の気持ちは複雑、という言葉で終わらせず、適度な愛撫時間を察するテクニックを身に付けたいですね。

女を本当に感じさせたいならグッズを使え!

ベロベロ舐められすぎるのはイヤ

女性はセックス中でも常に現実を見ています。例えばどんなに気持ちよくても生では絶対挿入させずコンドームをつけたかチェックしたり、ちょっと膣がシーツに付いたらシーツが汚れちゃったんじゃないかなと不安になって触ってみたり、快楽に100%身を任せることはほぼ無いと言ってもいいと思います。

セックスに慣れてきた男性に多いのですが、耳や首下、手や足、お腹や腰、足・・・とメジャーな性感帯”以外”の場所を執拗に攻める人がいます。ちょっとずつならほどよい刺激になるのですが、唾液を過剰に付けながらベッタベッタと愛撫する人も多いようです。

そうなると女性はまずにおいにやられます。さすがに好きな相手でも、唾液のにおいは好んで嗅ぎたいものではありません。そしてそれが自宅なら、舐められたところがシーツに付かないか不安になりますし、例えそれを想定したラブホのベッドだとしても、もし宿泊するなら汚れたシーツの上で寝るハメになります。

しかも舐められても特別気持ち良い場所ではない、というのも重なり、どんどんマイナス点が嵩んでいくのです。少しチュッとするくらいなら雰囲気を盛り上げる演出として効果的ですが、あまりに濃厚にしすぎるとただのいやがらせみたいになるので注意して下さいね。