座位での挿入・腰の振り方/ふたりで楽しめるセックステクニック

座位は座った体勢で行う、ちょっと難易度が高い体位。女性が上に乗ることで奥まで挿入することができるのが特徴です。具体的に座位ではどんな体勢で女性を迎えたらいいのか?挿れた後はどうやって腰を振ればいいのか?など、具体的な動き方テクニックをご紹介しています。

ふたりで楽しめるセックステクニック サイトマップ

座位での挿入・腰の振り方

エロい話しようぜ!アダルト情報掲示板

みんなで作るアダルト情報サービス アダルトシェアリング

セックステク・女の本音は風俗嬢に聞く!

セックステクニックは一人にしてならず!エッチ・愛撫・接客のプロである風俗嬢・業界人が本音で答える風俗Q&Aサイト、登場。

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト

テクニックがいる座位での攻め方/座位での挿入・腰の振り方

半ば女性に任せっきりでOKの挿入とは違い、座位での攻め方は少しテクニックが必要です。女性が上に乗るという体勢上、女性が動きやすいのは分かるけれど、一体男からはどう動けば気持ちよくなってもらえるのか?想像だけでは限界がありますよね。

座位はメジャーな体位の中では最も体勢の崩れやすい体位で、対面座位の場合体から足が前に投げ出されているので、重心が背中側にかたむきやすくなっています。なので少し動くと女性は後ろに倒れやすくなり、かといって全体重をかけて男性に本気でしがみつくと男性まで前に倒れてしまいます。

なので男性は気持ちだけ自分を後ろに傾けて、女性の腰を掴んで上下に動かすよう意識してみて下さい。それでも安定は難しいですが、女性も必死に後ろに倒れないように頑張ってくれると思うので(倒れないように自然とそういう体勢になります)、お互い無理だなと思うところまでは続けられるでしょう。

女性にとって座位は、下から直に膣奥まで響いてくるため、強い快感や痛みが出やすいです。最初は浅いところをピストンし、スムーズになってきたら激しく上下に動かしてみましょう。力の調整は難しいですが、女性と協力しあいながら作る体位でもあるので、積極的に女性の意見を聞いていきましょう。

座位の挿入は女性まかせでOK/座位での挿入・腰の振り方

座位は、男性というイスに女性がまたがって座るだけの簡単な構造。座った後は「おいで」と女性を招いて座らせるだけでOKなのです。他の多くの体位では、男性が自分のペニスを相手の膣へ合わせるテクニックがいります。しかし座位は女性のお尻が近づいてくる形なので、女性が自分の感覚で男性器を中に入れていきます。

セックスのときは部屋を暗くして雰囲気作りしている場合も多いでしょうが、座位なら慣れていない初心者男子でも格好つけて誘うことができます。それでも経験が浅い、または無い女性は上手く挿入できない場合があります。そのときは男性側も位置調整をしたり、腰を持ってあげてサポートしてあげるように心がけて下さい。

そして挿入の速度ですが、一度抜いてから座位をする場合はゆっくりと。一度抜くと膣は小さく戻り乾きもしますから、できれば挿入前にもう一度膣口をほぐしてあげられたら良いですね。

女の子が好きなように挿入速度を調整できる体位なので、ゆっくりもたもたしているからといって下から無理矢理突き上げたりはしないように。

女を本当に感じさせたいならグッズを使え!

男性ファンの多い座位/座位での挿入・腰の振り方

座位という体位は、ふたりが対面する格好になることから女性の体や表情がよく見えること、女性も動いてサポートしてくれることから男性にとても人気がある体位です。

オナニーするときも座ってやることが多いですし、ペニスを握って上下に擦る動きから、座位が一番それに近い快感をもたらしてくれるからではないでしょうか。例えはイマイチですが、オナホを持って上下に動かしているような感覚と似ています。

男性は足を投げ出して座り、女性は男性の太ももあたりに座ります。この基本的な格好は「対面座位」と呼ばれ、反対に女性が男性にお尻を向けて座る体位を「背面座位」と呼びます。

対面座位の一番の特徴としては、キスができたり胸を揉んだりできること。ピストン運動を続けているとどうしても疲れてしまいますから、キスや胸など他への愛撫で自然に休憩も挟めるわけです。

反対に背面座位の特徴は、格好がバックと似ているので後ろから胸を揉んだり、クリトリスをいじったりと、女性から見えないイタズラをすることができます。人は相手の動きが見えないと余計に敏感になりますから、よりエッチな反応が見られると思います。