体験談07-09/ふたりで楽しめるセックステクニック

ここでは皆様からお送り頂いた体験談をご紹介していきます。実体験のエピソードを参考にして、よりセックスライフを充実したものに出来るかもしれません!

ふたりで楽しめるセックステクニック サイトマップ

体験談07-09

初エッチまで付き合って半年かかった/体験談09

[H.N]オクトー(30代/男性)

前の彼女と別れて6年。ようやく俺にも新しい彼女ができた。職場にアルバイトで来ていた10コ下の現役大学生で、頭もよく謙虚で顔も可愛いスタイル抜群の彼女だ。 歴代の彼女の中でも文句なし1番のビジュアルで、職場連中にもめちゃくちゃ羨ましがられた。

しかし久々の彼女ということもあって、いったいもってどうしたらいいのかよくわからない。告白こそようやくできたが、嫌われるのが怖くてあまり大それたことができない。

いったい昔の俺はどうやって自分の彼女とエッチまですることができたのか。だからデートはまるで高校生がするようなことばかり。 彼女も楽しんでくれるし俺のことを、誠実な人と言ってくれるもんだから月日を追うごとに、益々手が出せなくなってくる。

そんな調子で半年くらい経った時、彼女の方から「なんで一切私に手出してこないの?」と言われてしまった。しかも超怒っているような雰囲気で。 この時まで俺ができたのはデート中に手をつなぐことだけ。付き合って2カ月目くらいの時に一緒に2泊3日の温泉旅行にも行ったことはあるが、この時も一切手を出していない。

だから俺は正直に「嫌われたくなかったから」と伝えた。すると彼女はホッとしたような顔になり、俺の手をひっぱりそのままラブホに入っていく。

念願の彼女とのエッチは、かなり舞い上がっていたので記憶は途切れ途切れだが、とにかく俺は緊張で固まっていて、それをほぐすように彼女がリード。 身がほぐれてチンコがガチガチになったところで犬がするかのように、勢いに任せて突きまくったことは憶えている。

職場のアイドルが風俗で働いていた/体験談08

[H.N]エンマーク(20代/男性)

風俗が大好きな俺は、別に行くわけでもないのに、よく風俗情報サイトを見ていたりするような男だ。もうほぼ風俗サイトを見るのは趣味とまで言えるほど毎日のようにネットサーフィンをしている。

新人の女の子が入ればプロフから何から何まで見ているのだが、ちょっと知ったような顔の子がいる風俗店があった。その子は私の働いている会社の女性社員にそっくり・・・というかたぶん本人に違いなく、好奇心に勝てずに指名してみた。

私は彼女のことを知っているが果たして彼女は・・・と思ったら、会った瞬間から顔には「最悪だ」といわんばかりの表情が浮かんでいる。 「こういうところでも働いてるんですね。まさかとは思ったけど、やっぱり〇〇さんだ」と言うと、その表情はより一層「最悪だ」という文字が濃くなっていきます。

「絶対誰にも言わないでほしいんですけど・・・」よくあるエロ本の展開に、俺は「じゃあ仕事終わったら会ってくれるなら、」と冗談で言ったんだが、彼女はすぐにOK。 そして、俺との接客時間が終わるとすぐに早上がりして俺の家に来てくれることになりました。部屋で二人っきりだった時からずっと我慢していたので、俺のチンコは暴発寸前。

ほんのりシャンプーの香りがする彼女を抱きしめ、キスをし手でアソコを愛撫しました。「すごい上手」と言いながら腰をくねらせ、お次は彼女が俺のチンポをフェラ。 さすが風俗で働いているだけあってうまい。思わず口に出してしまいました。それからシックスナインで高め合ってから挿入。

彼女は狂ったように何度も潮を吹き、絶頂し、今や俺のセフレとなって、向こうから進んで俺の家に遊びに来るようになりました。

ただの友達だった男が初体験の相手/体験談07

[H.N]にみ(20代/女性)

私の初体験は16歳の高校生の時です。恥ずかしい話なんですが、私の行っていた高校は、有名なバカ高校。 名前がちゃんと書ければ合格するような高校で、周りの男子はヤンキーか振り切ったオタクかしかいないような学校でした。女の子もギャルが多めで、私はそんなギャルグループの中の一人でした。

当時は私も本当バカで、ヤンキーグループの男子と一緒になって遊んでいたのですが、ある日その内の一人が家出したから家に泊めてくれと言って私の家に来ました。 親にバレないように部屋に上げて、食事なんかも余ったのを深夜にコッソリ渡してあげたりしていたんです。

最初は「1日だけ」という約束だったのですが、結局2日目もお願いされて、ヤンキーグループの中でも有名な奴だったし、別に一緒にいて楽しかったので私もOKしたのですが、その夜に突然、その男子が「ちょっとおっぱい見せてくれよ」と下ネタ話で盛り上がっている時に言ってきたんです。

私も年ごろだったので性には興味がありました。でも初体験は好きな人と人並みにしたいと思っていました。 でも当時流されやすかった私は、そのままおっぱいをその男子に見せ、すると男子の要求はどんどんエスカレートしていき、結局したくもないフェラをさせられ最終的にはエッチまですることになってしまいました。

その時はまったく嫌だってわけではなかったのですが、今ではちゃんと好きな人もできて当時の軽率な行動を悔やんでいます。