セックステク「男性の胸・乳首」の責め方/ふたりで楽しめるセックステクニック

胸を揉んだり乳首を弄られたり舐められたり、それで感じるのは女性だけでしょ?いえいえ、実は胸や乳首で感じる男性は多いんです。感じない男性にも繰り返しやっていくことで敏感に・・・?彼を開発しちゃいましょう!

ふたりで楽しめるセックステクニック サイトマップ

セックステク「男性の胸・乳首」の責め方

男性はオナニーのとき乳首を弄る!/男性の胸・乳首の責め方

男性にとっては女性に知られることは恥ずかしいことだと思いますが、多くの男性がオナニーの時に乳首を弄っています。

片手でペニスを扱き、もう片方の手で乳首をつついたり摘まんだりして、興奮度を高めています。いわゆる同時責めですね。ということは、セックスの時に女性がそれを真似してやってあげたら、確実に男性は喜んじゃう!ってことです。

とはいえ、胸や乳首で全く感じない男性もたくさんいます。男性は女性より乳首を触られる機会が少ないので、オナニーのときに乳首を触るクセがあるかないかで感度が違ってくるからです。

もし男性の乳首を触ったことがない、それ以前に気にしたこともなかった!と気づいたなら、今度のセックスからさりげなく乳首タッチしてみると良いですよ。

男性の胸や乳首はこれから開発できる/男性の胸・乳首の責め方

大半の男性の胸や乳首は、まだ開発されていないか発展途上くらいのレベルです。乳首をペロッとされてビクビク!とするくらい仕上がってる男性に当たることは、そこまで多くないと思います。

女性の中には、彼の乳首を触ったことはあるけど感じないと言われた、なんて人もいるんじゃないでしょうか。でもそれは彼が乳首で感じないタイプなのではなく、単純にまだ開発されていないだけ!

セックスの度におふざけレベルでも良いので触ったり舐めたり刺激を与え続ければ、少しずーつ刺激に敏感になっていきます。

一番良い開発方法は、手コキやフェラと同時に弄ること。すでに気持ちいいと感じる部分と同時に刺激を与えることで、乳首で気持ちよくなってる!と脳が錯覚し始めるんですね。

最初は錯覚でも、どんどんそれが本当になっていき、乳首だけを弄ってもじわっと深い所から感じるようになっていきます。

彼から感じないよと言われても落ち込まず、まだ発展途上なんだなぁなんて思いながら、根気よく長い期間掛けて彼を落としていきましょう♪

オトナ女子が次々とハマり中♪

男性の乳首は「脇側面」から舐め上げる/男性の胸・乳首の責め方

男性の胸や乳首を責めるという行為は、単にソコを気持ちよくするだけではなくセックス全体の雰囲気を高めたり他の愛撫がもっと気持ちよくなるなどの効果があります。

だから今のところ乳首が感じないと言っている男性に対しても、積極的にやっていく意味は十分あるんです。

突然ですが「気持ちよさの前」って何だか分かりますか?それは「くすぐったさ」です。特に乳首で感じる女性なら感覚が分かるかもしれませんが、触られたり舐められたりしたとき、くすぐったい感覚になりませんか?ジンジン、ゾクゾクという感じ。

乳首ではそれがなくても、乳首の周りにくすぐったい場所があります。それは脇です。と言っても脇を触ったら彼からクレームが入ります(笑)正確には、脇と乳首の間の側面です。女性なら丸い胸があって、その脇側の側面ですね。

そこは脇ほどくすぐったくはないけど敏感なので、ここからスタートしていくと乳首までの期待感が高まります。乳首を感じさせるには、こういった周りの部分の協力も必要なんですね。