中イキしにくい身体を理解して!/ふたりで楽しめるセックステクニック

中イキ出来る女性なんてほとんどいない?中イキについて正しい知識を身につけよう!

ふたりで楽しめるセックステクニック サイトマップ

  1. ふたりで楽しめるセックステクニック TOP
  2. 中イキしにくい身体を理解して!
  3. 実は女性も二穴責めに興味あり
  4. 女性のことを考えたセックスをしよう
  5. お口と肌ケアはやっぱりしてほしいの
  6. 女性がカップルで楽しみたい大人の玩具
  7. 女性用避妊具を知ろう!
  8. 女性が好きな玩具と嫌われる玩具の違い
  9. 男は風俗を利用してほしくない?!
  10. 指、爪のケアができている男性が評価される?!
  11. 草食系男子もセックスを楽しんでほしい
  12. 賢者タイムはクールにならないで!
  13. ムラムラが止まらない!女が欲しがるボディタッチとは?
  14. 彼とのセックスに満足ができない理由とは?
  15. 肉食女子を抱ける強い肉食男子になるには?
  16. 友達に彼氏とのセックスについて話す女とは?
  17. 女性が処女を捨てたい理由とは?
  18. 一夜限りの関係が好きな女の特徴!
  19. なぜ女は悪い男を好きになるのか?
  20. 女性が浮気をする本当の理由!
  21. 女性が絶対にセックスをやらせてくれる男性の3つのポイント!!
  22. M女は好きな男性にはスパンキングを求めてくる!
  23. 女性がセックスをしたくなる瞬間!
  24. 朝セックスは1度やったらドハマり!
  25. セックス日のランジェリーは女性の戦闘服!?
  26. 女性が考える理想の初エッチの場所とは?
  27. 女性は硬いペニスがお好き!
  28. イケメンのセックスは下手なのか?
  29. 女性からみた良い早漏?悪い早漏とは?
  30. なぜ女性は濡れるのか?女性が濡れる理由とは!
  31. この世の全ての女は女優!女性がセックスの時演技をする理由!
  32. セックス後の態度が実はイチバン大切
  33. 男のオナニーやAVについてどう思う?
  34. 女性に人気のコンドームを使おう
  35. 女性が嫌いな攻められ方とは?
  36. セックス前にまず楽しめる雰囲気作り
  37. こうして欲しい!服・ブラの脱がせ方
  38. 男と女の「イク」タイミングを合わせるテクニックとは?

中イキしにくい身体を理解して!

中派は少数なり!女性の気持ちを理解しよう

中イキしにくいという女性は少なくありません。男性目線では、なんで中で果ててくれないのかな、もしくはなんで演技っぽい声しか出さないのだろうと不思議に思う方もいることでしょう。

しかしながら、女性がどう感じるかに正解や不正解はなく、全く絶頂を感じないというケースもあれば、基本はクリで果てるという子もいます。彼氏としている時は全然中が気持ちよくないのに、セフレと楽しんでいる時は中イキするという女性もいるくらい。

だからこそ男性は女性の性の感度に対して、より歩みよる必要が出てくるのです。中イキできない、中イキしない女性に対し自分のテクニック不足なのかもしれないと自分を責める男性もいれば、中イキしない女性に苛立ちを見せる人もいます。

まず、中イキできる女性の数は思った以上に少ないということを理解しなければなりません。男性が悪いわけでも女性側の不感症のせいにするわけでもなく、そもそも中イキで感じる女性の数自体が少ないのです。

中も外も派手に感じられれば二人の親密な時間は、より豊かなものになるかもしれません。しかし、そもそもの女性の生理的メカニズムや個人差も大きく関わってくるため、何よりも大切なのは女性を尊重したセックスができるか否かなのです。

女性が中イキしにくい理由は?

中イキできなくてもいいじゃない、そのくらいカジュアルに捉えられたら男女の仲もより円滑になるはず。

ある調査によると約7割から8割の女性が、中でオーガズムを感じない、もしくは感じにくいと答えています。その理由はさまざまですが、以下のような要因が関係していると考えられています。

・男性のサイズが大きすぎて、性交痛を感じてしまう
・AVのような激しい前戯、とにかく下手な愛撫が原因
・潤滑油をしっかりと利用しなかった
・愛撫の時間が不足している
・女性への声掛けや思いやりが足りない
・女性のセックスに対する欲求が低下している
・もともと濡れにくく、感じにくい体質
・心理的な問題や睡眠不足

これらに加えて女性の加齢や身体的な特徴がゆえに、中イキしにくいという場合も考えられます。

男性側の配慮や工夫、ローションの利用などで感度が上がり、中イキができるようになったというケースももちろんありますが、男女が努力をしても中イキが叶わない場合もあるということです。

女性は脳でイクといわれるくらいメンタル面の充足感を重視しており、中イキに憧れるという女性が圧倒的に多いのも頷けます。

だからこそ男性はそんな女性陣の思いに理解を示し、絶頂の有無に限らず常に安心感を与えられる存在でいることが望まれるのです。

今夜のオカズはもう決まってる?

男女間のコミュニケーションがもっとも大切

とはいっても、どんな風に女性をケアしていけばいいのか分からないという方が圧倒的でしょう。まず大切になってくるのは、中イキ、外イキという概念自体をなくすことです。

女性は中でイキにくい自分に劣等感を感じやすく、中で感じよう、感じようと逆に自身を追い込んでしまうといいます。

女性が感じる心配や不安を解消するためにも、まずはリラックスして二人の時間を楽しむ方へシフトした方がベター。一番大切なのは二人の間のコミュニケーションであることはいうまでもありません。

中でイク、イカないは何ら障害にならないということを確認し合うことで、女性の緊張感をほぐし、それが快感へと繋がっていくことを肝に銘じておきましょう。

また男性側は自分ヨガリなセックスになりがちなので、優しく丁寧に愛撫をすること。そしてその時々で女性に声かけをして、痛みがないか否かを確認する。そんな女性目線に立ったプレイが望まれます。

それでも女性への対応方法がイマイチ分からないという方は、女性との愛撫に配慮、そして雰囲気作りを学ぶためにも女性用AVを鑑賞することをおすすめいたします。